最新の生き物情報

新種の深海魚 「ホカケコオリカジカ」の世界初展示!

アクアマリンふくしまが「ホカケコオリカジカ」として新種公表した魚を展示しました。世界初展示です。

ホカケコオリカジカ

ホカケコオリカジカ

  • ホカケコオリカジカ
  • カジカ科コオリカジカ属   
  • 学名Icelus hypselopterus

カジカ科コオリカジカ属魚類は、北太平洋北部、北大西洋北部、北極海に広く分布し、水深5m程度の浅いところから水深1,000m以上の深海にまで広く生息しています。コオリカジカ属は、これまで世界で18種類が確認されています。今回、京都大学フィールド科学教育研究センターとアクアマリンふくしまの共同研究によって、コオリカジカ属の未記載種と判明し、新種として公表しました。

名前の由来

コオリカジカ属の他種よりも第一背鰭が高く大きいため、風を受けて進む帆掛け船の帆を連想させることから「ホカケコオリカジカ」と命名しました。また学名の“hypselopterus”は「高い(hypsēlos),鰭(pteron)」に由来します。

動画