常設展示紹介

北の海の海獣・水鳥

福島県沖までやってくる親潮の源は、ベーリング海やオホーツク海です。北の海は栄養塩が豊富なため、プランクトンが大量に発生します。そこでは、多くの魚が育ち、それらをエサとするさまざまな海獣類(海にすむ哺乳類)や鳥類が生活しています。
このコーナーでは北の海にすむゴマフアザラシ・クラカケアザラシ・トドを展示しています。

展示生物
トド・ゴマフアザラシ・ウミガラス・エトピリカ・クラカケアザラシ※クラカケアザラシの展示は冬季のみ

トド ゴマフアザラシ クラカケアザラシ      
海獣とは
海獣類は、いくつかの全く系統の異なる陸上哺乳類が、水中生活者へと適応したものです。イルカやクジラの仲間(鯨類)は、最も古い時代に水中に進出した動物群で、体が魚形になり水中の生活に最もよく適応しています。

 

トド

トド(アシカ科)
オスは体長3mに達し、アシカ科の中では最大となります。体重はメスで350s程度ですが、オスは1000sを越えるものもおり、たてがみを持ち、口ひげも長く、堂々たる風格をしています。
全身は黄褐色で、ひれ状の前後肢が黒褐色をしています。群れで行動していますが、極めて用心深く、よく統制がとれています。トドは、岸の近くで生活し、タラ、タコ、イカなどいろいろなものを 食べます。
5月から8月の繁殖期にはオス1頭にメス10数頭のハーレムをつくり、メスは1頭の子を産みます。
ゴマフアザラシ(アザラシ科)
日本では主に北海道で見ることができます。様々な魚を食べますが、特にイカやタコが好物で、水中で素早く泳ぎ捕まえます。一番の特徴は白と黒のゴマ模様で、この模様は個体によって異なります。また、生後約1〜3週間の赤ちゃんにはゴマ模様はなく、白い産毛に包まれています。産毛が白い理由は、流氷の上で出産するため、赤ちゃんがオオカミなどの敵から見つかりにくいようにするためです。

ゴマフアザラシ

クラカケアザラシ(アザラシ科)
体長1.8、体重140kg程になります。オホーツク海や北太平洋に生息します。 黒い体に鞍をかけたような白い帯模様が入ることからクラカケアザラシという名がついていて、特にオスはこの模様がはっきりと出ます。.夏場は沖で回遊生活を送っているといわれています。4〜5月に流氷の上で赤ちゃんを産みます。
展示しているのは、2015年6月に北海道で保護された個体です。日本国内での飼育例が極めて少なく、2016年10月現在、アクアマリンふくしまでしか飼育していない飼育の難しいアザラシです。そのため詳しい生態についてもわからないことが多く、研究のためアクアマリンふくしまでも飼育を始めることにしました。
※展示は冬季のみ
クラカケアザラシ

クラカケアザラシ

ザトウクジラ

ザトウクジラ

北の海にすむ海獣たち
北の海は栄養豊かで、エサとなる生物が豊富であるため多くの海獣類が生活をしています。
ミンククジラやザトウクジラなど、口の中に櫛状のヒゲを持つヒゲクジラの仲間は大量のオキアミや小魚をヒゲでこして食べます。
また、マッコウクジラやツチクジラなどの大型の歯クジラ類やイシイルカ、ネズミイルカなどの小型歯クジラ類は魚やイカを食べます。
アザラシの仲間では、ワモンアザラシやタテゴトアザラシが分布しています。これらのアザラシはゴマフアザラシやゼニガタアザラシと異なり、外洋に生息し、沿岸で見られるのはまれです。
水鳥
水中で餌を捕る鳥類は、種によって生息する海域や潜水方法を変え、効率よくエサを確保できるように適応してきました。
エトピリカは高い潜水能力をもち、翼で水中を飛ぶように泳ぎます。カイツブリやウのなかまは、水かきのある脚をスクリューのように動かして水に潜ります。ミズナギドリのなかまは、空中から降下して水中に飛び込んでエサを捕まえます。
エトピリカ

エトピリカ

常設展示紹介トップに戻る

ページトップへ

Copyright 2009 aquamarine Fukushima All rights reserved.