アクアマリンうおのぞき~こども漁業博物館~

漁師の晴れ着「万祝」と「大漁旗」
炭火焼き体験
伝馬船「海友丸」
展示場所
本館1階
荒天時、混雑時は体験コーナーを中止する場合があります。

漁業文化に親しむ体験コーナー

缶詰づくりや魚介類の炭火焼、かつお節削りなど、漁業に関連した体験コーナーがあります。子ども体験館「アクアマリンえっぐ」内のコーナーです。

「うおのぞき」というコーナー名は1882年(明治15年)、上野動物園内にできた日本で最初の水族館「観魚室(うをのぞき)」に由来します。
「アクアマリンうおのぞき」は、漁業不振で沈みがちな地元・小名浜港に活気を取り戻すため、2010年4月に小名浜漁港に別館としてオープンしましたが、2015年にその機能をアクアマリンふくしま内に移設しました。
漁具や漁網をはじめ、大漁旗や万祝(まいわい)、小名浜の旬の魚の紹介パネル、伝統的な木造船である伝馬船(てんません)を展示する他、囲炉裏での炭火焼きやかつお節削りなどの体験活動も実施しています。

炭火焼き体験

ホタテやサザエなど生きた貝などを囲炉裏で焼いて食べられます。開催時間等は「参加体験コーナー」のページをご覧ください。

詳細を見る

炭火焼き体験・ホタテ

缶詰づくり体験

実際に使われていた昭和40年代の製缶機で缶詰をつくることができます。缶詰の中身は消しゴムやあめなど、時期によって異なります。開催時間等は「参加体験コーナー」のページをご覧ください。

詳細を見る

かつお節削り体験

かつお節のつくり方を学習しながら、かつお節を削ることができます。削ったカツオ節は持ち帰ることができます。削りたては、味も香りも格別です。開催時間等は「参加体験コーナー」のページをご覧ください。

詳細を見る

タッチプール

ヒトデやナマコ、ウニなど、磯の生き物に触れることができます。ザラザラ、ちくちく・・・触った感じは生き物によって違います。生き物の体のつくりや不思議を観察してみましょう。(イベントや繁忙期に休止となる場合があります)
※2018年9月21日(金)~24日(火)は都合により閉鎖いたします。

伝馬船

伝馬船とは、手こぎ木造小船の総称で、古くから沿岸の磯場での漁に使われてきました。しかし、造船技術の発達により、木造船は姿を消し、それらを製作できる船大工はわずかとなり、技術の継承が断たれようとしています。そこで、アクアマリンふくしまでは、伝馬船の製作技術と漕法を伝承するプロジェクトに取り組んでいます。

展示ガイドに戻る