生き物紹介

フェネック
フェネック
フェネック

クウェート・ふくしま友好記念日本庭園

フェネック

北アフリカからアラビア半島の乾燥地帯に分布するキツネのなかまです。砂漠に巣穴を掘り、小さな群れをつくって生活し、夜になるとネズミ、トカゲ、昆虫などの小動物を探しに出歩きます。植物の葉や果実を食べて水分を補給することもあります。
特徴的な大きな耳は、砂中の獲物を探すときに役立つばかりではなく、上がりすぎた体温を下げる働きを持ち、また焼けた地面を歩くために足裏を厚い毛が覆うなど、砂漠の生活に適応した体をしています。
体重0.8~1.5㎏、体長30㎝~40㎝ほどでイヌ科グループ中最小です。

フィーディングタイム※都合により、2018年5月8日よりしばらくの間中止いたします。
16:30(冬季は16:15)

生物分類 哺乳類
英名 Fennec
学名 Vulpes zerda
科名 イヌ科
名前・性別
マルクル(オス)
2015年7月8日生まれ
ソフィ(メス)
2013年8月15日生まれ

生き物紹介に戻る