常設展示紹介

サンゴ礁の海

マングローブの森をぬけると、その先には美しいサンゴ礁が広がっています。サンゴ礁をつくっている造礁サンゴの仲間は、サンゴ虫という小さな動物が集まってできています。
サンゴ虫は自分でエサをとらえて食べるのと同時に、体の中にすんでいる褐虫藻類が光合成によってつくりだす栄養分も取り入れて生きています。サンゴ虫は石灰質の固い骨格をつくりながら成長し、長い年月をかけて広大なサンゴ礁を築きあげます。
ここでは、黒潮源流域のサンゴ礁にすむさまざまな生き物を見ることができます。

主な展示生物
チンアナゴ・ハナゴイ・ナンヨウハギ・ヘコアユ・トゲチョウチョウウオ

チンアナゴ ハナゴイ ナンヨウハギ ヘコアユ トゲチョウチョウウオ  
サンゴの仲間
サンゴの仲間の多くは、形が木の枝に見えることから、古くは、植物と考えられたこともあります。しかし、実はイソギンチャクやクラゲと同じ刺胞動物です。
水槽の中のサンゴの仲間の体の表面をよく見ると、小さなイソギンチャクのような触手を広げているようすを見ることができます。
ミドリイシの仲間

ミドリイシの仲間

サンゴ礁の生きもの
サンゴ礁域では、さまざまな生き物たちが暮らしています。魚類では、スズメダイ、ベラ、チョウチョウウオ、ブダイなどの仲間が多く、原色の鮮やかな体色のものが目につきます。
水槽の中で見られる生き物たちのいくつかを紹介しましょう。
キンメモドキ
キンメモドキ
水槽の中で、まるで巨大な生物のような大きな群れをつくって泳いでいる魚がいます。これは、キンメモドキというハタンポ科の魚です。朝鮮半島から西部太平洋に分布し、日本では千葉県以南で見ることができます。夜行性で昼間は岩陰などに隠れていることが多いようです。群れにはリーダーはいません。
チンアナゴ
チンアナゴ
水槽の底の方を見ると、長いひものようなものが何本も揺れています。これはチンアナゴという魚です。サンゴ礁の砂地にすみ、巣穴から身を乗り出して、流れてくるプランクトンなどを食べています。大きな魚が近づくと、すばやく巣穴に隠れてしまいます。

常設展示紹介トップに戻る

ページトップへ

Copyright 2009 aquamarine Fukushima All rights reserved.