HAPPY OCEANS

いわきから発信!サカナも人もハッピーに!ハッピーオーシャンズ
マグロならキハダを食べよう!

アクアマリンふくしまの基本理念は「海を通して人と地球の未来を考える」です。 人が利用する水産物を水産資源と呼び、資源量は環境変化や漁業などの影響によって変化します。 当館では、海の恵みを将来も安心して食べられるよう、数が多く資源量の安定した魚介類を食べる運動「HAPPY OCEANS(ハッピーオーシャンズ)」に取り組んでいます。 この試みをご来館される皆様(消費者)、そしていわきの皆様と共に考え・チャレンジしていきたいと思っています。

アクアマリンふくしまでのHAPPY OCEANSの具体的取り組み

  1. 資源量が多い魚を中心としたHAPPY OCEANSメニューをレストランや寿司処で提供します。
  2. 魚離れが進む若い世代の親子を中心に、資源量が多い魚を調理し、食べていただく体験プログラム「ハッピーオーシャンズプログラム」を展開しています。
  3. 魚種を資源量の多い順に青・黄・赤と交通標識になぞらえて分類し、一般の方にも水産資源の現状が理解しやすいよう、HAPPY OCEANSの趣旨や分類した魚種を記載したリーフレットを制作しました。
    リーフレットは、当館レストラン「アクアクロス」、寿司処「潮目の海」、加盟店舗に設置しています。

    リーフレットを参考に、食育や持続可能な水産資源の利用について考え、日ごろの食卓のメニューや外食時にメニューを選ぶ際にお役立ていただければ幸いです。

リーフレットダウンロード

2019年お魚信号リーフレット

1階レストランアクアクロスのメニュー

レストランに戻る