小名浜国際環境芸術祭2022

2022年9月17日~2022年11月27日

「ロックバランス」 かねきのぶひろ

アクアマリンふくしま(福島県いわき市)では、地球環境の保全や海洋資源の大切さを伝えるため小名浜国際環境芸術祭を開催しています。かねてよりアクアマリンふくしまでは、自然との共生の中から循環型社会を築いた縄文人のくらしを見習いたいと考えてきましたが、今年の第19回小名浜国際環境芸術祭は縄文人のくらしをSDGsになぞらえ、「縄文しよう!」を合言葉に開催します。

開催日 2022年9月17日~2022年11月27日

イベント

小名浜国際大漁旗アート展 特別展

昨年の大漁旗アート展の様子

漁や水産資源をテーマにした大漁旗デザインの公募は、昨年で第14回を迎えました。今年は第14回までを振り返り、一般及びキッズの部の最優秀賞作品を展示します。最優秀賞作品の見事な大漁旗作品をご覧ください。

開催日 2022年9月17日(土)~11月13日(日)
会場 アクアマリンふくしま入館口前(屋外エリア)

第47回福島県児童・生徒木工工作コンクール作品展

昨年度のアクアマリンふくしま賞作品

福島県内の小学生を対象とした木工工作コンクールの入賞作品約10作品を展示します。木材を使用した工作を通して、香り・色・形・肌触りなどから木の持つ良さを実感することで、未来を担う子どもたちの感受性を豊かにするお手伝いをし、木材の利用促進を図る事を目的としています。

開催日 2022年9月26日(月)~10月10日(月・祝)
会場 本館2階「潮目の海」コーナー入口付近

主催:福島県木材青壮年協会、福島県木材協同組合連合会、福島民報社

キッズアート展「プラごみアート」 

昨年度小学生低学年の部最優秀賞作品

福島県内の子どもたちが、家庭で出たプラスチックごみで海の生き物を作りました。身の回りのプラチック製品の多さや、問題となっている海洋ゴミが海の生き物に与える影響について考えるきっかけとなればと思います。 

開催日 2022年10月8日(土)~11月27日(日)
会場 1階アクアマリンえっぐ通路

「アーティストが縄文にやってきた!」展 *初開催

「ロックバランス」 かねきのぶひろ

縄文の環境に迷い込んだアーティストたちが、自らの作品展示を行います。「わくわく里山・縄文の里」は、人と自然の調和がなされていた縄文時代の自然環境を再現した展示コーナーです。アートと縄文のコラボレーションをお楽しみください。 出展作家:かねきのぶひろ(ロックバランサー)、菊地言美(石彫作家)、酒井正(造形家)、鈴木太朗(アーティスト)、高橋綾(造形デザイナー)、CHEN GAN(アーティスト)、西毅徳(構造+空間デザイナー・アーティスト)

開催日 2022年10月8日(土)~11月23日(水・祝)
会場 「わくわく里山・縄文の里」

後援・協力:環境芸術学会(実験・発見 展示部会)

俳句の季(とき)コンテスト

第17回目となるこのコンテストでは、7月23日から9月25日に応募された作品から入賞作品を展示します。

開催日 2022年10月22日(土)~11月20日(日)
会場 本館1階エントランスホール(予定)

海の男の盆栽展 第二十三番

日本の伝統的な芸術である「盆栽」。凝縮された自然の「美しさ」をご覧ください。

開催日 2022年10月29日(土)~11月3日(木・祝)
会場 本館1階エントランスホール

協力:小名浜盆栽研究会

第50回我ら海の子展(巡回絵画展)

「我ら海の子展」は、幼児・小中学生対象の海を題材にした絵画コンクールです。生命の源である海や、世界をつなぐ船舶の航路である海を描くことで、子どもたちの海への関心を高め、海洋環境問題を考える機会となり、海事思想の普及を図る事を目的としています。特別賞・金賞・銀賞の合計56作品を展示します。

開催日 2022年10月29日(土)~11月27日(日)
会場 本館2階スロープ

主催:一般財団法人サークルクラブ協会・公益社団法人日本海洋少年団連盟

イベント・企画展へ

最新のイベント・企画展

年別アーカイブ