アクアマリンふくしま Q&A

アクアマリンふくしま Q&Aサムネイル02

生き物全般について知りたい

Qメヒカリの仲間について知りたい。
A

アオメエソの仲間を地方名でメヒカリと言い、小名浜で漁獲されるのはマルアオメエソという種類です。
アオメエソの仲間は世界の暖海域に40種前後が生息しており、そのうち日本には1属7種が生息しています。

Qメヒカリの形態について知りたい。
A

体は円筒状で細長く、頭部は少し平たくなっています。背びれの後方に脂びれがあります。
目が大きく、黄色の水晶体をもつため、光を反射して青緑色に光ります。肛門の周囲に、発光器があります。

Qメヒカリの生態について知りたい。
A

全長15cmに成長します。水深150m~600mの海底に近いところに生活しています。
産卵の時期や仔稚魚の生態についてはよく分かっていません。体に卵巣と精巣の両方を持ち、産卵時期になるとそのどちらかが成熟をしてオスの役目をするものとメスの役目をするものに分かれて、産卵、受精すると考えられています。
海底に生息するオキアミの仲間やキュウリエソ等を食べています。

Qメヒカリの主な漁法が知りたい。
A

大部分は底引き網で漁獲されます。

Qメヒカリの名称について知りたい。
A

日本近海にはツマグロアオメエソ、トモメヒカリ、バケアオメエソ、ヒレグロアオメエソ、アオメエソ、マルアオメエソの7種生息しています。
ヒメ目アオメエソ科アオメエソ属
英名:Greeneyes

Qメヒカリの漁獲量はどのくらい?
A

平成12年の県内水揚げ数量は398,974kgです。全国での漁獲量については、統計調査されていないため正確な数字はわかりません。エソ類としては、県内水揚げ量347t。全国では7591tとなっています。
2012年6月~2014年5月までの試験操業での漁獲量は5,149.70kgです。

Qメヒカリはなぜいわきの魚になったのか知りたい。
A

平成13年10月1日に、市制施行35周年を記念し、いわき市の水産物のイメージアップと消費拡大を図るために制定されました。
平成12年11月15日「市のさかな」選考委員会を設置し、市民アンケートを実施した際、断然トップであったメヒカリが選ばれました。
その後、平成13年6月11日から7月25日までの期間で全国からキャラクターデザインを募集し、平成13年10月1日に正式に市の魚に制定されました。

Q外国から帰化した生物にはどのようなものがいますか?
A

わたしたちの身近なところにも、本来は日本に分布していなかったが、何かしらの理由で外国から持ち込まれ、繁殖している生き物(帰化生物)がいます。福島県内では、次のような帰化生物を確認しています。
は虫類:ミシシッピーアカミミガメ
両生類:ウシガエル
魚類:タイリクバラタナゴ、ブルーギル、オオクチバス、コクチバス、カムルチー、タウナギ、ニジマス
軟体動物:ムラサキイガイ
節足動物:アメリカザリガニ

Q魚の名前はどうやってつけたのですか?
A

昔の人がその姿や色、特徴などから命名しました。魚の名前の中には、その魚をはじめて見つけた人の名前がつけられている場合もあります。 このような名前のうち日本で一番一般的なものを標準和名、ある地域だけで呼ばれているものを地方名と言っています。 なお、全世界で共通する名前を学名といいます。

Q一番長生きする魚は何ですか?
A

チョウザメやナマズの仲間は寿命が長く、文献によると100年生きたチョウザメがいたそうです。
また、アラスカなどの冷たい海に分布するカサゴの仲間で200年以上と推定されたものもいます。

Q魚はいつ寝ているのですか?
A

魚には、昼に活動するものと夜に活動するものがいます。このため昼に眠るものと夜に眠るものがいますが、その多くは、砂の中に潜ったり、岩かげや岩の間に入り込んで敵から身を守って休みます。 しかし、外海を回遊するようなマグロやカツオ、サンマ、サメの仲間などは口を開けて泳ぐことで呼吸をしています。このため、泳ぎを止めると死んでしまいます。このような魚が寝るのかどうかは分かっていませんが、水槽で夜に観察をしていると泳ぎがゆっくりになったりすることが観察できるため、泳ぎながら休んでいるのではないかと思われます。

Qフグは、どこから毒を出すのですか?
A

フグには、テトロドトキシンという毒があります。フグの種類によって毒のある場所がちがい、最高級とされるトラフグは、肝臓や卵巣に毒を持ち肉や皮には毒がありません。 コモンフグは全身に毒を持ち、マフグは、肉と精巣が無毒、ヒガンフグは肉が無毒です。 また、フグに近い仲間のハコフグは、皮膚からパフトキシンという毒を生命の危機を感じた時に出し、水族館では水槽の掃除の時などに毒を出され、同じ水槽の中で飼っていた他の魚が死んでしまうなど被害をおよぼすことがあります。

Qウミガメは卵を産むときなぜ涙を流すのですか?
A

ウミガメは、海水を飲んで水分をとります。しかし、海水は塩をふくんでいるので、そのままでは塩の取りすぎになります。 このため、ウミガメはとりすぎた塩を出す仕組みを体にもっていて、その塩の出口が涙を出す部分にあります。このため涙を流しているように見えるのです。 ウミガメにとって卵を産むのが、人間が赤ちゃんを産む時のように苦しいのか分かりませんが、涙の正体は、濃い塩を含む液体だったのです。

アクアマリンふくしま Q&Aに戻る