生き物紹介

ハゴロモコンニャクウオ
ハゴロモコンニャクウオ

親潮アイスボックス

ハゴロモコンニャクウオ

ハゴロモコンニャクウオは、米国アリューシャン列島や千島列島の水深300m以深で確認されていました。日本では未確認種であったため、標準和名がない魚でした。しかし、当館等の研究で、2017年11月末にこの名前が付きました。
体表が薄い桃色のゼラチン質で、胸びれが長く(体の半分ほど)、泳ぐ姿が、「羽衣」を着た天女をイメージさせます。普段は、腹部にある大きな吸盤で岩や壁にくっついてじっとしています。
長い胸びれに、エサを感じる器官があり、水槽にエサのサクラエビやイソメを入れると、この胸びれを大きく広げながら、砂地をゆっくりと遊泳する姿を見ることができます。

2020年6月13日から展示を再開しました

生物分類 魚類
学名 Careproctus zachirus
科名 クサウオ科

生き物紹介に戻る