生き物紹介

キンメモドキ
キンメモドキ

サンゴ礁の海

キンメモドキ

キンメモドキは体長約6cm、浅い海の岩礁域やサンゴ礁に生息しています。体の割に眼と口が大きく、胸部と肛門に発光腺があるのが特徴です。自然界では、海に漂う動物プランクトンを食べています。
夜行性のため、昼間は岩陰やサンゴの下で群れを作っています。群れは先頭の仲間に付いて行くため、丸い塊や細長い形、時には大きな魚の形など様々に形を変えます。
水槽内では一塊で同じ動きをするため、胸びれに反射する太陽の光で群れが点滅するように輝く様子や、流れに逆らって餌を食べる力強い姿を見ることができます。

生物分類 魚類
英名 Yellow sweeper
学名 Parapriacanthus ransonneti
科名 ハタンポ科

生き物紹介に戻る