生き物紹介

ヤナギムシガレイ
ヤナギムシガレイ

ふくしまの海~大陸棚への道~

ヤナギムシガレイ

※現在は展示していません。
北海道~九州北西部の日本沿岸、北海道~千葉県北部の太平洋沿岸、相模湾、駿河湾、遠州灘の水深100~200mの砂底に生息しています。
柳の葉のようにほっそりとした身体と、体表に虫食い模様のような斑紋があることから名前が付けられました。
ササガレイや若狭ガレイなど、地域によって様々な呼び名が存在していて、その味はカレイの中でも最高とされている高級魚です。一時期は乱獲の影響で漁獲量が落ち込みましたが、現在は稚魚の保護や漁業制限などの努力によって数を回復させています。

生物分類 魚類
学名 Tanakius kitahatae
科名 カレイ目カレイ科ヤナギムシガレイ属

生き物紹介に戻る