生き物紹介

ナメダンゴ

親潮アイスボックス

ナメダンゴ

北海道沿岸からオホーツク海の冷たい海に生息しています。成魚でも体長は5cmほどにしかならず、岩や海藻のすき間に隠れて生活しています。
北海道羅臼沖では、冬の海水温が0℃になるころ、岩のくぼみに産卵し、オスがふ化まで卵を外敵から守ったり、水流を当てたりして保護します。しかし親が卵を放棄してしまい外敵に食べられてしまう危険がある場合、卵を水族館で保護してふ化させることがあります。ふ化した稚魚は約1年で体長1cmほどに成長し、強い水流でも流されないように腹部の大きな吸盤で岩や海藻にしっかりくっつきます。
エサを探して泳いだり目をキョロキョロさせたりする姿は見ていて飽きません。

生物分類 魚類
英名 Taranetz's lumpsucker
学名 Eumicrotremus taranetzi
科名 ダンゴウオ科

生き物紹介に戻る