生き物紹介

コブシカジカ

ふくしまの海~大陸棚への道~

コブシカジカ

鹿島灘~アメリカワシントン州の太平洋沿岸、水深27~2000mに生息しています。
体長は20cm前後で、頭部が著しく大きく、尾の方へ行くにしたがって細くなる独特の体形が、横から見た握りこぶしを思わせるためこの名前が付けられました。体表には鱗がなくブヨブヨとした皮で覆われています。
ヤマトコブシカジカという種とよく似ていて区別がつきにくいのですが、頭にブツブツとした鱗がみられるのが本種で、反対に頭がツルツルと滑らかなものがヤマトコブシカジカという点から判断することができます。

生物分類 魚類
学名 Malacocottus zonurus
科名 スズキ目ウラナイカジカ科コブシカジカ属

生き物紹介に戻る