生き物紹介

オオコノハズク

えっぐの森どうぶつごっこ

オオコノハズク

あたまの上に羽角(うかく)とよばれる羽根が生えているのが特徴です。
夜行性で、ネズミなどの哺乳類や鳥類、昆虫などをつかまえて生活をしています。おどろいたり敵におそわれると、体を細長くして木の枝のまねをすることで身を守ります。秋冬には雑木林や竹林の中で数羽あつまって段をとっていることもあります。
フクロウのなかまは、くびが左右270°もまわります。また特殊な羽根のつくりをしているため、はばたく音をたてずに獲物に近づくことができます。

生物分類 鳥類
英名 Sunda Scops-owl
学名 Otus lempiji
科名 フクロウ目フクロウ科

生き物紹介に戻る