生き物紹介

マルアオメエソ

ふくしまの海~大陸棚への道~

マルアオメエソ

いわき市の魚で「メヒカリ」と呼ばれています。この名前は、目が光の反射で緑色に光ることに由来しています。体長は10~15cm程度で、主に水深150~200mに生息しています。深海魚ですから飼育はもちろんのこと、生かして水槽に入れることも困難な魚です。
水槽内では尻ビレと一対の腹ビレの先端で水底に立ちじっとして動きません。頭は水流が来る方へ向けており、エサを待ちかまえて補食します。
漁獲されたマルアオメエソには成熟個体がいないことや、精巣と卵巣の両方を持つ雌雄同体であることなど繁殖生態については謎の多い生き物です。

生物分類 魚類
英名 Greeneyes
学名 Chlorophthalmus borealis
科名 アオメエソ科

生き物紹介に戻る