生き物紹介

タマコンニャクウオ
タマコンニャクウオ

親潮アイスボックス

タマコンニャクウオ

本種は2007年北海道の知床半島水深200~400mで発見された新種。世界でまだ知床沖でしか見つかっていません。
全長は約20cm。腹部が丸く、岩に吸盤で付いた姿は確かに玉コンを連想させる愛らしさです。
当館では、北海道知床沖の深海エビカゴ漁に乗船して展示をしていますが、毎日水揚げする700個のカゴに入るのは、2~3尾で、入らない日も多くあります。もちろんアクアマリンでしか見られない激レア種です。

生物分類 魚類
学名 Careproctus rausuensis
科名 クサウオ科

生き物紹介に戻る