生き物紹介

ボウズギンポ

ふくしまの海~大陸棚への道~

ボウズギンポ

北日本太平洋岸~オホーツク海、カムチャッカ半島、カリフォルニア以北のアメリカ西岸の水深200m前後の大陸棚縁辺に生息しています。
やや扁平で、身体に対して頭が小さい胴長な体形、そして頭部から顎、エラの上部にかけて感覚孔という穴があることが特徴的な魚です。
その身は全身トロと呼ばれるほど非常に脂がのっていて、あまり漁獲量が多くないことも相まって、美味しい高級魚として高値で流通しています。
飼育している個体はとても貪食で、餌を与えるのが遅れると水を吹きかけてきます。

生物分類 魚類
学名 Zaprora silenus
科名 スズキ目ボウズギンポ科ボウズギンポ属

生き物紹介に戻る