生き物紹介

コトクラゲ

ふくしまの海~大陸棚への道~

コトクラゲ

1941年に昭和天皇が相模湾沖で本種を発見し、京都大学の駒井卓博士により、形態が竪琴のような形からコトクラゲと名付けられました。潮の流れの速い場所で櫛の歯状の2本の触手を長く伸ばし、触手に粘着性物質を分泌することによって海中の動物プランクトンを捕獲します。体色はだいだい、黄色、白、白地に赤色の水玉模様など、バリエーションがあります。水深80m以深に生息し、体が非常に軟らかいため生きた姿を見ることができるのは水族館職員でも稀です。

アクアマリンふくしまでは、当館では2017年に2017年に「飼育下におけるコトクラゲの繁殖と育成」で論文発表しています。

生物分類 有櫛動物
英名 Harp comb jelly
学名 Lyrocteis imperatoris
科名 コトクラゲ科

生き物紹介に戻る