最新の生き物情報

黒潮水槽にマダラトビエイを展示しました

  • マダラトビエイ
  • トビエイ科
  • 学名Aetobatsu narinari
  • 英名Spotted eagle ray

本州中部以南、全世界の温帯から熱帯域に広く分布しています。

体の形は横に伸びたひし形で、胸鰭を広げたときの大きさ(体盤幅)は2mになります。体の背面は灰色で、水玉模様です。口の部分にある頭ひれを使って、砂の中に潜った貝などを探します。固く平たい歯を持っていて、貝をつぶし身だけを食べて貝殻はエラから出します。
大水槽で優雅に泳ぐ姿をご覧ください。