最新の生き物情報

クラカケアザラシの展示を中止いたします

3階「北の海の海獣・水鳥」コーナーに展示しているクラカケアザラシ「くらまる」の展示を下記のとおり中止いたします。

【展示中止期間】
2019年6月24日(月)~11月(再開日未定)

クラカケアザラシは暑さが苦手です。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

クラカケアザラシ

  • クラカケアザラシ
  • アザラシ科ゴマフアザラシ属
  • 学名Phocafasciata

クラカケアザラシは、体長1.8、体重140kg程になります。オホーツク海や北太平洋に生息します。 黒い体に鞍をかけたような白い帯模様が入ることからクラカケアザラシという名がついてい夏場は沖で回遊生活を送っているといわれています。4~5月に流氷の上で赤ちゃんを産みます。

くらまるは、平成27年6月に北海道で保護された個体です。
クラカケアザラシは日本国内では平成29年11月1日現在、当館でしか飼育されていません。飼育の難しいアザラシのため、詳しい生態についてはわからないことが多く、アクアマリンふくしまでの飼育展示は研究テーマでもあります。夏季は、体調管理のためバックヤードで飼育をしていましたが、11月2日より展示を再開することになりました。
 また水温が上がる前までの展示となりますが、ユニークな模様のクラカケアザラシ「くらまる」に会いに来てください。