アクアマリンふくしま Q&A

アクアマリンふくしま Q&Aサムネイル05

展示している生き物について知りたい

Qアクアマリンでは何種類の生物を飼っていますか?
A

トドやアザラシなどのほ乳類、ウミウなどの鳥類、イモリやサンショウウオ、カエルなどの両生類、また、ウニやヒトデ、エビやカニ、タコなどの無脊椎動物など、2017年3月31日現在で、約785種97,000点の動物を飼育しています。 また、植物や海藻類も展示しています。

Qアクアマリンで人気がある生き物は何ですか?
A

飼育している多くの生き物の中から選び出すのは難しいのですが、黒潮大水槽のマイワシとカタクチイワシの群れ、サンゴ礁の海のチンアナゴやキンメモドキ、親潮アイスボックスのナメダンゴ、ふくしまの海のタカアシガニ、北の海の海獣コーナーのトドが人気があるようです。

Qアクアマリンで一番大きな魚は何ですか?
A

シーラカンスの世界コーナーのタマカイが一番大きな魚です(平成29年4月末日現在)。

Qアクアマリンで見ることができる珍しい魚は何ですか?
A

サンマは、当館でしか生きた姿を見ることのできない魚で、一番珍しい魚といってもよいでしょう。

この他に、親潮アイスボックスコーナーのタマコンヤクウオや新種として登録されたばかりのダイオウキジンエビ、オシロイイバラモエビ、サンゴ礁の海の水槽で大きな群れを作っているキンメモドキ、他の水族館ではあまり展示していない魚です。 魚以外では、海・生命の進化コーナーに展示しているトリノアシや熱帯アジアの水辺コーナーのマングローブの生き物などがあげられます。

また、アクアマリンふくしまの水槽では、たくさんの種類の海藻や海草が動物と一緒に展示してあります。このように生きた海藻や海草を展示しているのもたいへんに珍しく、学術的にも貴重なことです。
(平成29年4月末日現在)

Qサンマの生態について知りたい。
A

成長すると全長40cm前後になります。大きな群れをつくって日本近海の暖流域~寒流域を季節的に回遊します。
体長20cmを超える頃から卵を産み始めます。卵は海面を漂流するホンダワラ類などの流れ藻に産み付けられ、平均して1万~2万粒を、何回にも分けて産みます。孵化までの時間は、水温20℃以上で約10日間、水温15℃前後で約17日間くらいです。
主にプランクトンを食べ、特にオキアミの仲間を好んで食べます。寿命は1年~2年と言われています。

Qサンマの主な漁法について知りたい。
A

主に棒受け網漁によって漁獲されます。これは、さんまが光に集まる習性を利用した漁法で、夜間に集魚灯を点灯して海面近くに魚を集め、下から四つ手網に似た網を一気に持ち上げて漁獲します。

Qサンマの名称について知りたい。
A

標準和名:サンマ(ダツ目サンマ科サンマ属)
地方名:バンジョ(新潟)、サイラ(西日本各地)、サザ(九州)
英 名: Saury, Pacific saury
学 名:Cololabis saira (Brevoort)

Qサンマを秋刀魚というのはなぜか知りたい。
A

秋刀魚という漢字は、秋に獲れる刀のような魚ということから比較的最近作られた当て字です。

Qサンマの漁獲量にどのくらい?
A

平成12年における福島県のサンマの漁獲量は23,605tです。そのうちいわき市は、2,891tとなり、いわき市の全水揚げ量の約5.7%にでした。平成26年は3,038tで、平成18年~22年の平均の502.6%です。

Qサンマを飼うにはどのような苦労があったのですか?
A

研究をはじめた頃は、サンマの生態については未知のところが多く、生きたサンマを捕まえることすら難しい状態でした。そのため、流れ藻に産み付けられた卵を採集し飼育を始めました。

その中でも特に苦労したのは、サンマがとても神経質で臆病な魚であるため、普通に展示したのではちょっとした光や音にも驚いて壁に衝突してしまうことでした。

そこで、サンマの展示水槽の照明を工夫し、さらに観覧通路を暗くするなどした結果、サンマは水槽の外側で見ている人間の姿に怯えないようになりました。

このような日々の研究や苦労の積み重ねがあったからこそ、世界で最初のサンマの展示と水槽内繁殖に成功したのだと思います。

Qヤドカリの食べ物は何ですか
A

種類によって異なりますがその多くは雑食性です。そのため自然界では、弱った魚や死んだ魚、海藻、巻き貝の仲間などを食べています。

Qヤドカリには、目、口、鼻などはあるのですか?あるとすればどの部分なのか知りたい。
A

眼、触角、口はありますが、人間のような鼻はありません。しかし触角などを使って臭いを嗅ぎ分けることはできるようです。

Qアクアマリンで死んでしまった魚はどのように処分されるのですか?
A

解剖を行い死んだ原因を調べたり、大きさなどを計測した後に、必要なものはホルマリンに入れて保存します。それ以外は、処分されます。

アクアマリンふくしま Q&Aに戻る