生き物紹介

サメガレイ

ふくしまの海~大陸棚への道~

サメガレイ

北海道~九州北西部の日本海側、青森県~千葉県の太平洋側の水深150~1000mの砂泥地に生息しています。
体表がゴツゴツとした突起に覆われていて、それがサメ肌のようであることから名づけられました。
顔も厳つく前進が多量の粘液で覆われることから、恐ろし気な印象を持たれ敬遠されてきましたが、近年とても脂ののった美味しい魚であるということが判明し、食用としての需要が高まっています。魚も見た目で判断してはいけませんね。

生物分類 魚類
学名 Clidoderma asperrium
科名 カレイ目カレイ科サメガレイ属

生き物紹介に戻る