生き物紹介

ダイオウキジンエビ

親潮アイスボックス

ダイオウキジンエビ

本種は、千葉県立中央博物館の駒井智幸博士とアクアマリンふくしまの共同研究による論文が2016年9月に公表され、新種と認められました。
一番の特徴は目の後方の頭胸甲(いわゆるエビの頭)に他のキジンエビ属の種にはないトゲを持つことです。さらに、体長25cmに達し、約220種が知られるエビジャコ科としては世界最大です。その大きさから小種名rex(=king:王の意味)、新種の標準和名はダイオウキジンエビ(新称)と命名されました。
北海道知床羅臼町では、ダイオウキジンエビを「ガサエビ」と呼び、以前から地元では食用として販売されてました。このような大型のエビが新種でみつかるのは、極めて珍しいことです。

生物分類 甲殻類
学名 Sclerocrangon rex
科名 エビジャコ科

生き物紹介に戻る