生き物紹介

チゴガニ

ふくしまの川と沿岸

チゴガニ

チゴガニは漢字で書くと「稚児蟹」。その名のとおり、甲羅の幅約10㎜と、砂浜に生息するカニの中でもひときわ小さいカニです。
分布域は宮城県から沖縄県で、福島県にも生息しています。自然界でチゴガニを探すコツは、河口域の周囲にアシ原が広がる砂浜で、特に泥っぽい場所を見つけることです。
チゴガニは、干潮時になると巣穴からせっせと泥をかき出し、巣と体のお手入れを行います。次に巣穴近くの泥表面をハサミですくい、泥に含まれる有機物をこし取る方法で食事をします。そして最後に行うのが、「ウェイビング」行動です。これは雄だけが行う行動で、別名「恋のダンス」ともよばれます。繁殖期をむかえた雄は、白い大きなハサミを、両方同時に体全体を使って上にあげ、下ろすという行動を繰り返します。これを1個体が始めると、周囲にいた雄も同調して行うが、若干のズレから、まるで白いハサミの波(waving)に見えます。

生物分類 甲殻類
英名 Small ocypodoid crab
学名 Ilyoplax pusilla
科名 スナガニ科

生き物紹介に戻る