生き物紹介

バンダイハコネサンショウウオ

オセアニック・ガレリア

バンダイハコネサンショウウオ

福島県郡山市を基準産地とし、2014年に新種として記載された種で、和名は地元の山である「会津磐梯山(あいづばんだいさん)」より名付けられました。バンダイハコネサンショウウオは、体が細長く、背中には暗褐色に茶褐色の帯状模様があり、なんとも言えないあいきょうのある顔をしています。また、四肢のつめが黒いのが特徴です。繁殖期は、初冬と考えられていますが、まだわかっていないことがたくさんあります。産卵は、山地の源流域にある流水中に円筒形もしくはぼうすい型の卵のうに包まれた卵を産みます。幼生は水中生活をしており、その姿はウーパールーパーのようで、ふさふさしたエラをつけています。

生物分類 両生類
学名 Onychodactylus intermedius
科名 サンショウウオ科

生き物紹介に戻る