ニュース


アクアマリンふくしま平成29年度夏期広報業務
企画プロポーザルの実施について

1.委託業務名
 アクアマリンふくしま平成29年度夏期広報業務

 
2.ふくしま海洋科学館来館者対応業務概要
 ふくしま海洋科学館(アクアマリンふくしま)の展示および夏休みのイベントについて効果的に広報するため、企画プロポーザル方式により委託事業者を選定します。

 
3.委託業務の内容
 「アクアマリンふくしま平成29年度夏期広報業務仕様書」のとおり
  
4.委託業務期間
 平成29年7月14日から平成29年8月13日まで  

 
5.委託費の上限
 4,000千円(消費税及び地方消費税の額を含む。)   

 
6.参加資格
 過去にテレビ、ラジオ、インターネット等を利用した広報業務を受託した実績があること。


7.質問等の受付
 質問については、以下により受け付けます。
 (1) 受付期間
 平成29年6月16日(金)から平成29年6月26日(月)正午まで(必着)
 (2) 提出方法
 「質問書」(様式第1号)をアクアマリン企画・営業グループへ電子メール又はFAXにより提出してください。
 電子メール及びFAXの件名は「アクアマリンふくしま平成29年度夏期広報業務に関する質問」とし、誤送信を防ぐため、送付した旨電話にてお知らせください。
 (3) 回答
 質問に対する回答は、原則ホームページ上にて回答します。競争上の地位その他正当な利害を害するおそれのあるものは、電子メールにて回答いたします。

8.プロポーザル審査に関する事項
 (1) 審査方法
 下記審査会にて、公益財団法人ふくしま海洋科学館が定める審査方法により、業務委託予定者(単独随意契約の予定者)を選定します。

 (2) プロポーザル審査会(プレゼンテーション)
 ア 開催日時及び会場
 日時:平成29年6月29日(木)
 場所:ふくしま海洋科学館1階アクアルーム2
    (いわき市小名浜字辰巳町50)
 ※ 時間等詳細については、後日連絡します。
 審査会場に入室できる参加者は4名までとします。


 イ プロポーザルの所要時間
 20分程度の説明と10分程度の質疑を実施します。

 ウ 機器の使用
 プレゼンテーションにおいてパソコン、プロジェクター等を使用する場合は、アクアマリン企画・営業グループへ事前に連絡してください。なお、パソコンについては提案者にて用意すること。スクリーン、プロジェクターはふくしま海洋科学館で用意しますが、万一の不具合に備え、紙ベースの資料を用意してください。

 エ 審査基準
 業務遂行能力、業務体制、受託実績業務実績、取組姿勢(広報業務に取り組む熱意と配慮)、実現性(提案内容に具体的な裏付けがあり、説得力があるか)、的確性(アクアマリンふくしまの特性への理解度、業務に必要な着眼、問題点等の解決方法の提案がされているか)、効果的な広報戦略(本業務の成果に期待できる優れた知見や提案がなされているか)、独自提案(認知度向上、誘客促進を図る独自の提案がなされているか)

 オ 通知等
 審査の結果は、プロポーザル参加者全員に通知します。

 カ 契約の締結等
 (ア) 仕様書の協議等
 選定した業務委託予定者と公益財団法人ふくしま海洋科学館が協議し、委託契約に係る仕様を確定した上で契約を締結します。
 なお、仕様書の内容は業務委託予定者が提案した内容を基本としますが、提案内容のとおりに反映されない場合もあります。
 (イ) 契約金額の決定
 契約金額は協議結果に基づき仕様書を作成し、これに基づき改めて見積書を徴取し決定します。
 なお、見積金額は委託費の上限価格を超えないものとします。
 (ウ) その他
 業務委託予定者と公益財団法人ふくしま海洋科学館との間で行う協議が整わない場合又は業務委託予定者が契約を辞退した場合は、審査結果において総合評価が次点であった応募者と協議します。

 
9.スケジュール
 平成29年 6月16日(金) プロポーザル実施要領、仕様書の公表
 平成29年 6月22日(木) 17時まで 参加表明書の提出期限
 平成29年 6月26日(月) 正午まで 質問書の提出期限
 平成29年 6月26日(月) 17時まで 質問書への回答(財団より)
 平成29年 6月27日(火) 17時まで 企画提案書等の提出期限
 平成29年 6月29日(木) プロポーザル審査会
 平成29年 6月30日(金)(予定) 審査結果の通知
 平成29年 7月初旬(予定) 契約締結


10.募集要項・仕様書等


アクアマリンふくしま平成29年度夏期広報業務 企画プロポーザル実施要領 PDF (243KB)
アクアマリンふくしま平成29年度夏期広報業務仕様書
※2017.6.20
仕様書の業務の名称、目的に「福島県」と記載されていましが、広報範囲は福島県と限らないため修正しました。
PDF (136KB)
(別紙1)わくわくアクアマリンイベント概要 PDF (181KB)
(別紙2)平成28年度広報実績 PDF (84KB)
(様式第1号) 質問書 Word (20KB)
(様式第2号) 参加表明書 Word (18KB)
(様式第3号) 業務実施方針 Word (44KB)
(様式第4号) 団体概要 Word (63KB)
(様式第5号) 暴力団等反社会的勢力でないことの表明・確約に関する同意書 Word (61KB)


11.問い合わせ先及び各種書類の提出先

 〒971−8101 福島県いわき市小名浜辰巳町50
  公益財団ふくしま海洋科学館 アクアマリン企画・営業グループ
  電 話:0246−73−2538
  FAX:0246−73−2526
  E-Mail:amf@aquamarine.or.jp


12.質問および回答

※2017.6.21更新

年月日 質   問 回   答
2017.6.16 ●広告素材について
各種素材制作(テレビCM素材、駅貼りポスターなど)も提案に含めるのか
各種素材制作も提案に含めますが、テレビCM素材は当財団で用意します。ただし、認知拡大につながる施策があれば提案してください。制作するイメージについて、当財団のイメージと合致しない場合、素材制作のみ別途他社に依頼する場合があります。
2017.6.16 ●web広告について
平成28年度夏季は具体的にどのような運用を行ったのか
旅行系Webサイトに動画広告を掲載。掲載場所はトップページ内。動画は30秒。素材は当財団で提供。期間は平成28年7月21日〜平成28年8月15日。再生回数15,000回保証。動画をクリックすると同サイト内で当館を紹介しているページへ移動するよう設定していました。
2017.6.16 ●来館者数について
・平成26年度〜28年度の福島、宮城、新潟、山形、関東圏のそれぞれの来館者数の推移はどうか
資料「平成26-28来館者数および来場エリア推移」を参照してください。
2017.6.16 ●GRPについて
平成28年度広報実績ではGRPを条件として150%以上とあるが、これは各局ごとなのか、それとも各県合計でなのか
各局のGRPが150%以上です。
2017.6.20 ●仕様書について
仕様書の件名が「アクアマリンふくしま平成29年度夏期福島県内広報業務」になっている。
仕様書の業務の名称、目的に「福島県」と記載されていましが、広報範囲は福島県と限らないため修正しました。
2017.6.20 ●広告制作について
テレビ、ラジオ、原稿等の「編集製作費・原稿制作費用」は本件に含まれているのかお教え下さい。
テレビ用の素材は当財団で準備いたします。ただし、認知拡大につながる施策があれば提案してください。テレビ以外のラジオ素材、その他原稿制作は本件に含まれるためそれらの制作費も計上してください。制作するイメージについて、当財団のイメージと合致しない場合、素材制作のみ別途他社に依頼する場合があります。
2017.6.20 ●入館者エリア別構成比
来館者数の表の中で、関東のみまとめて表記されていますが、県別でみたときに来館者数が多い順番を教えていただけないでしょうか?
資料「平成26-28来館者数および来場エリア推移(関東分データ追記)」を参照してください。
2017.6.20 ●福島県内の広告について
昨年実績で「福島県内の新聞広告、いわき市内折込広告と情報誌は除く」と書かれていますが、今回も同様でしょうか? 県内広告はすでに実施予定などの理由で今回の提案に入れない方がよければ教えていただきたいです。
福島県内の新聞広告、いわき市内折込広告と情報誌は別途予算を組んでおり、発注済みのため、本件には含めません。
2017.6.21 ●委託費の上限について
参考に、平成28年度夏期広報業務の委託費の上限を教えて頂けますでしょうか?
平成28年度夏期広報業務については個別に提案をいただき、その中から予算の範囲内で当館のターゲットとする層に訴求できる媒体を選んでおりました。そのため、今回のような上限を設けておりません。
出稿実績としては、福島県、新潟県、宮城県の広報に各150万円、首都圏の広報に1200万円支出しています。
2017.6.21 ●駅貼りについて
B1ポスターを提供頂くことは可能でしょうか?
B1ポスターの制作実績はないため、新たに制作していただくことになります。そのため、制作費も予算計上してください。

ニュース一覧に戻る

ページトップへ

Copyright 2009 aquamarine Fukushima All rights reserved.