生きもの情報

生きもの情報

 

2017.7.1


親潮水槽(大水槽)にサンマを展示しました


親潮水槽に搬入されたサンマ



 サンマは、黒潮と親潮の両方を回遊して生活し、潮目付近が好漁場になるなど、アクアマリンふくしまの展示テーマ「潮目の海」に合致した魚です。また、福島県のサンマの水揚げ量は全国でも有数であったことから当館では開館当初よりサンマを展示してきました。
 サンマは、水族館で飼育するのは非常に困難な魚です。鱗がはがれやすく網を使っての採集はできません。また、とても神経質なため、ちょっとした刺激で水槽の壁にぶつかったり飛び出したりします。寿命も2年程と短く長期の展示は困難な魚です。
 これまでは、ふくしまの海コーナーで単独飼育をしていましたが、今回は当館のメイン水槽である「潮目の大水槽」のうち「親潮水槽」で展示をすることにしました。これまでの暗い展示コーナーから一変し太陽光が降り注ぐ明るい大水槽です。飼育が難しい生き物ですが、新しい挑戦をすることにより、サンマ本来の青い美しい姿を見ていただきたいと思っています。


  展示開始日:2017年7月2日(日)

搬入の様子




生き物情報一覧に戻る

ページトップへ

Copyright 2009 aquamarine Fukushima All rights reserved.